モニタリング・ストラテジー 各アプリケーションに適したストラテジー

モニタリングの定義はモニタリング・ストラテジーによるPCTモジュールの測定信号を評価することです。検出(例えば  "ファースト・カット")の場合、デバイスはデジタル・スイッチ信号の形でメッセージを機械に送信します。

このようなモニタリングのゴール(目的)は次のとおりです:

  • 簡易化: 自己学習ストラテジーにより機械オペレーターが手間が掛かるパラメーター設定から解放されます。   
  • 時間の節約: 工程内の非生産的なセグメント(区分)が大幅に削減することができます(例えば、空研削)。
  • 品質保証: 工具の形状精度と加工ワークの品質安定を保証出来ます。 
  • 工具コストの削減: 高価なCBN研削ホイールのドレッシング量などは最小値に削減され、不必要なドレッシング・サイクルを回避します。 
  • 操作の安全性: 真円度の異常なワークや前処理エラーが早期に検出されるため工具や機械への損傷を防ぎ、生産の中断時間を回避します。 
  • データの分析: 製造工程を監視するプロセス・データのロギング (トレンド - 統計)。

​ASS - 自己調整ファースト・カット・センサ:

信頼性の高い最初の接触(緑色のアイコン)検出により、機械は高送り(空研削)から粗送りに切り替わります。

​​TCH - タッチ・ドレッシング: 

高価なCBN砥石のドレッシング工程は最初の完全なドレス終了を砥石の形状検出により最少ドレスで完了します。

​​SIS - インテグラル・センサ  (セグメント有): 

このストラテジーは最初のドレス工程  (いくらかのドレス・ストロークによる)  を学習して準備が整います。エラーのある領域が検出され、赤いバーで表示されます。ドレスは赤いバーがなくなった時に終了します。

​INT - インテグラル  (積分)  センサ:

全てのワークピースは良品時の学習データを基に最小加工量および最大加工量をモニタリングされます。

​SWT - 閾値の応答時間 センサ:

最小プロセス時間に達するとアイコンは緑色に変わり通知されます。青色の測定信号は調整可能な時間内に設定済のピンク色の閾値線を超えて持続する必要があります。

Um unsere Website für Sie optimal zu gestalten und fortlaufend zu verbessern, verwenden wir Cookies. Durch die weitere Nutzung der Website stimmen Sie der Verwendung von Cookies zu. Weitere Informationen erhalten Sie in unserer Datenschutzerklärung.