​For decades successfully ​Dr. Zinngrebe GmbH

ミハエル・チングレベ博士は、モニタリング・ストラテジーの分野で長年の経験を有しています。1989年ibz (チングレべのエンジニアリング・オフィス)と名付けられた会社は最初の 適応力のあるプロセス・モニターとタッチ・ドレッシングのシステムの製作から始まりました。その後色々な他国のパートナーと協力して多くのシステムの開発と製作を行い、これらの年月の開発結果が今日の市場で優れた技術のPCTモジュールになりました。もちろん継続的に最適化は行われ、加工プロセスをより効果的に改善しモニターします。

新しいモニタリング・ストラテジーとアプリケーション方法の概念と実施は工作機械構成のプロセス・モニタリングの問題分析と同様にミハエル・チングレべ博士の専門分野です。彼は1990年ハノーファーの生産工作機械研究所で、「デジタル制御による内面研削の適応プロセス」の研究により博士号を取得。2001年より彼が設立した会社Dr. Zinngrebe GmbHで開発者とCEOとして働いています。

ニクラス・チングレべは2019年10月よりベルリンのHWR大学でコンピュータ・サイエンスを学び、Dr. Zinngrebe GmbHで実務修習中です。

タマラ・レナー・トュリアンタフィリディスはオフィス業務・調達・営業と技術ドキュメント/プロモーション資料の作成・製品テストの管理等を行っています。- 彼女は貴方に我々の製品について情報を提供出来ることを喜んでいます。

連絡先:   +49 731 2650 9701
メール:   info@zinngrebe.de

Um unsere Website für Sie optimal zu gestalten und fortlaufend zu verbessern, verwenden wir Cookies. Durch die weitere Nutzung der Website stimmen Sie der Verwendung von Cookies zu. Weitere Informationen erhalten Sie in unserer Datenschutzerklärung.